アパレル販売員が抱える足のむくみ

手軽にできるケア方法で足のむくみを解消させよう

足のむくみを解消する~仕事中でもできるケア方法~

女性

足のむくみを解消するにはいくつか方法があります。ここでは忙しいアパレル販売員でも仕事中にできる解消方法を紹介していきます。キレイな足を目指して取り入れていきましょう。

手軽にできるケア方法

軽い運動
立ち仕事の場合、かかとをつけてつま先だけ上下させてみましょう。この時ふくらはぎが張ったり緩んだりするのがわかると思います。筋力アップやポンプ機能をサポートする運動になるので、小まめに行なってみましょう。つま先立ちをするのも効果的です。
水分補給
足のむくみ解消に欠かせないのが水分補給です。水分は一度に大量に飲む必要はなく、少量ずつ小まめに飲みましょう。常温の水やノンカフェインのお茶を選び、なるべく喉が渇く前に飲むように心がけて下さい。1日の中で1.5~2リットルになるよう調整して適度に喉を潤わせるようにしましょう。
着圧ソックスやストッキングを履く
血液や老廃物質が溜まったところに適度に圧をかけてくれる着圧ソックス・ストッキングは、手軽に足のむくみを解消することができます。ふくらはぎの筋肉の動きを手伝ってくれるので、履くだけで足のむくみをとってスッキリとさせてくれるのです。幅広く商品展開されているため、季節に合わせて購入するのも良いでしょう。
ストレッチ
立ち仕事の合間にストレッチするのも効果的です。かかととつま先を上げ下げしたり、足首を回したりすることでふくらはぎが刺激されて、血行が促進されます。

仕事中でも簡単にできるストレッチ方法

ふくらはぎを左右に動かす
ずっと立っているとふくらはぎの筋肉が強張ってしまうので、それをほぐしていきます。ふくらはぎを掴んだ状態でも良いですし、そのままでも良いので左右にブラブラと動かします意識して動かすだけでも、足のダルさが軽減されるでしょう。
体全体を真っ直ぐに伸ばす
テーブルや手すりに手をついて体全体を伸ばしてみましょう。アキレス腱を伸ばすイメージで足を後ろに下げて真っ直ぐに伸ばして下さい。ポイントは上半身も上に向かって伸ばすようにし、後ろに下げて伸ばしている足と体が一直線になるような体勢にすることです。そうすることでリンパや血液の流れを良くすることができます。
つま先を広げる
立ったままの状態で、両足のかかとをくっつけます。くっつけたままつま先だけを左右に広げましょう。自然と膝も外側に向いてくるのでつま先を広げられるところまで開き、そのまま20~30秒キープします。これによって血流の流れが良くなり、むくみの症状を和らげていくことができるでしょう。
移動は大股で
歩く時に歩幅を意識することは少ないですが、大股で歩くよう意識することでふくらはぎの筋肉を倍以上大きく伸縮させることができます。大きく伸縮させることで筋肉がスムーズに動いてくれるようになり、血液を循環させるポンプの役目を良くしてくれます。

仕事中でも行なえるケアを取り入れることで、むくみの症状を緩和させることができます。無理なくできる範囲で続けることによって効果は現れてきます。ちょっとした隙間時間などに行なってみましょう。

自宅でもしっかりとケア~1日の疲れをとる~

仕事中だけではなく、自宅でもしっかりと足のケアを行なうことでむくみやすい足を改善していくことができます。ここでは効果的なケア方法を紹介していきます。

入浴でむくみをスッキリ

入浴することで体全身を温めることができますが、時間がない、面倒だからとシャワーだけで済ませてしまう人は多いでしょう。足のむくみを解消するためには、シャワーだけではなく浴槽にしっかりと浸かることが大切です。39~40度のお湯に15程度半身浴を行なうのが理想的です。そうすることで血液の循環が良くなり、足に溜まった老廃物質を排出することができます。

専用のアイテムグッズを使用する

着圧ソックスにも色々種類はありますが、中でも人気になっているのが寝ている間に履けるタイプです。夕方に足がむくむ人でも履いて寝るだけで、翌朝にはむくみがとれて足が軽くなります。 着圧ソックス以外にもむくみ解消シートやローラーなどがあります。むくみ解消シートは、むくみが生じている時にふくらはぎや足首、足の裏に貼るだけで足がスッキリします。清涼効果や冷却効果もあるので夏場でも快適に使えます。ローラーの場合、むくみが気になる部分にローラーを当ててコロコロと転がすことで、むくみを心地良くほぐしてくれます。ハンドタイプになっていることから、お風呂に入りながら、テレビを観ながらコロコロすることができます。

リンパマッサージで老廃物質を排出

足に蓄積した老廃物質を排出させるにはリンパマッサージも効果的です。ここではマッサージの手順を説明していきます。

手順1

あぐらをかいて、太ももの付け根に両手を重ねてゆっくりと圧力をかけていきます。左右それぞれ5回ずつ行ない、リンパ節を刺激しましょう。太ももの付け根にあるリンパ節を丁寧にマッサージすることで足全体のリンパが流れやすくなり、余分な水分や老廃物質を排除してくれます。

手順2

次に膝を軽く曲げた状態で足を前に伸ばして座ります。両手で包むように膝から太ももに向かって優しく撫で上げましょう。裏側、内側、外側と分けてそれぞれ5回ずつ行ないます。気持ち良いと感じた場合は少し強めの力で行なっても大丈夫です。

手順3

そして次に膝の裏にある窪みに親指以外の指で上に向かって10回さすります。膝の上も同じく、手のひらでさすり上げ、リンパ節をしっかりと刺激します。その後に足首から膝の裏にかけてふくらはぎを手のひら全体で包むようにさすります。左右5回ずつ行ないましょう。

手順4

今度は足首を軽く回し、足の甲と足の裏をつま先から足首に向けて左右5回ずつさすります。そして最後に先程行なったのと逆の順番で、つま先から太ももの付け根のリンパ節までマッサージしていきます。

リンパマッサージをより効果的に行なうには

マッサージをする際、コップ1杯の水を飲んで入浴中、もしくは入浴後に行なうのが望ましいです。水を飲むことによってリンパの濃度が薄まり、流れが良くなります。入浴によって体が温まっている時はリンパマッサージをするのに最適です。また、音楽やアロマなどでリラックスした状態で行なうことで、よりマッサージ効果を得ることができるでしょう。

TOPボタン